#01 岸辺様ご夫婦

岸部様ご夫婦

2011年11月19日挙式

岸辺様ご夫婦

※お手紙をクリックすると拡大表示してご覧頂けます。

letter01 letter02 letter03
letter04 letter05

■ 担当者より

岸辺ご夫婦様 ご結婚おめでとうございます。

思えば、お二人でセントヒル長崎にお越し頂いた時のことを鮮明に覚えております。結婚も意識していないお二人がなんとな〜く、お立ち寄りいただいたように思えました。
でも、いずれは結婚するであろう(このホテルじゃなくても…)という感覚がありましたし、せっかくの休日にお越し頂いているのであれば、「1日楽しく 過ごしていただいきたいな〜。」自分自身も仕事する以上お客様とは楽しく、愉快に接したいと思っていました。ここだけの話ですが「ブライダルの成約につな がらくてもいいや〜」って感じで、本当に楽しく過ごさせていただきました。

そこから、話は急展開し、まずは、ご両親への「結婚承諾の御報告」そして「親族の顔合わせ&結納」とトントン拍子でこの良き日を迎えられま した。なんだか、僕ってお二人を結婚へとつなぎ合わせたキューピット役ではありませんか?(笑)あの、打ち合わせ時の楽しさ、また、一緒にオリジナル結婚 式を作ろう!という気持ちは今までにない経験をさせていただきました。(私も感謝しております)

そんな、岸辺ご夫婦は「日本の和」にこだわり、会場セッティングからテーブルコーディネートまで、隅から隅まで「和」でしたね。
新郎さんが日本人なら「焼酎にこだわりたい」と言って、「森伊蔵」やプレミアが付いていた「明るい農村」そのほかにもプレミア級の焼酎を10数本ご用意さ れたのにはびっくりしました。また、ご来場のお客様へ当日おみくじを引かせ本日の「運試し」演出を取り入れたり、「ウエルカムドリンク」、「お楽しみ抽選 会」など、すべてにおいて、お客様と一緒に楽しめる披露宴でした。まさに、岸部様のお人柄が現れていました。
(おみくじにて、お賽銭をお客様から頂きましたが、このお賽銭は東日本大震災の義援金として寄付されました。)

そのようなお二人様へも、この結婚式という舞台で「どうやって感動を与えられるか!」
スタッフみんなで考え作り出したのが、当日の受付飾りであったり、一番のサプライズが新婦様には内緒で、作ったムービーです。お母様の協力を得まして「今は亡き父上との思い出」をムービー化して流す事ができました。
お母様にお願いした「お手紙」とお父様やご家族様との思い出を涙ながらに感動を分かち合えた瞬間でした。
私一人が担当した披露宴ではなく、このホテルみんながお二人のために作り出した披露宴でした。

あの後、お二人と一緒にブライダルの担当者数名で行った新年会も楽しかったですね。
最初はお二人でご自宅で行うハズだったのが出席者がだんだん多くなり、焼き肉屋さんで…
(これもお二人のお人柄です)いっぱい話をして、いっぱい飲みましたね。(女性はすごく食べましたね。)
また、この後も、末永くお付き合いをしてください。岸辺ワールドはここから始まりです。

今後のお二人のご多幸と御発展を祈念いたしております。

LINEで送る