■特定健康診査・特定保健指導
トップ > 共済組合の事業 > 厚生事業 > 特定健康診査・特定保健指導

 平成20年度から内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)に着目した特定健康診査特定保健指導を実施しています。
■特定健康診査
 特定保健指導の該当者を抽出することを目的とした健康診査の実施
対象者 組合員(40歳以上75歳以下の組合員(任意継続組合員を含む。)及び被扶養者)

【一般(現職)の組合員】
人間ドックや定期健康診断の受診結果をもって代えますので、改めて特定健康診査を受診する必要はありません。

【被扶養者・任意継続組合員】
自宅宛に受診券を送付します。詳しくは利用方法をご覧ください。
本人負担額
なし
実施時期 4月から3月
検査項目等 身長、体重、腹囲、BMI、収縮期血圧、拡張期血圧、中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール、GOT、GPT、γ−GTP、空腹時血糖(ヘモグロビンA1C)、糖、蛋白、標準的な質問票、その他医師の判断による項目
利用方法
(被扶養者及び
任意継続組合員)
  • 特定健康診査の受診案内及び受診券を自宅宛に送付します。
  • 受診券は受診者の氏名が表記されておりますので、該当者のみ使用可能です。また、有効期限がありますので、期限内に受診ください。
  • 受診の際は「受診券」と「被扶養者証」又は「任意継続組合員証」を併せて窓口に提出してください。
  • 公益財団法人長崎県健康事業団が実施する集団健診を御利用の場合は、健診日程を確認の上、直接健診場所に御来場ください。健診日程についてはこちらで確認できます。事前に予約する必要はありません。
  • 上記以外の受診機関での受診される場合は、下記実施機関で希望する実施機関をご自身で選択し、事前に受診日等を受診機関と調整のうえ、受診ください。
実施機関

■特定保健指導
 特定健康診査等の結果、危険因子の数により個々にあった保健指導の実施
対象者 特定健康診査の結果から、対象者を抽出します。
対象者の方には案内書面を送付します。
本人負担額
なし
実施期間 10月から翌年6月(保健指導期間は初回面談から6か月かかります。)
指導項目等 【動機付け支援・積極的支援】
個人やグループで最低1回の面接を行う。
生活習慣の改善点に気付き、各自の目標を設定し、3か月〜6か月の間をかけて、医師、保健師、又は管理栄養士が面接の他、電話やEメールを使いながら、具体的に生活習慣の改善を支援し、目標達成までをサポートします。
利用方法
(被扶養者及び
任意継続組合員)
  • 特定健康診査等の結果、保健指導の該当者になった場合は保健指導の案内及び利用券をお勤めの勤務先(現職の方)又は本人住所(任意継続組合員又は被扶養者の方)宛送付します。
  • 案内書面には保健指導該当者の氏名が表記されておりますので、該当者の方は実施期間内に受診ください。
  • 利用の際は当支部が指定する外部委託機関と事前に日程等を調整のうえ利用してください。
実施機関 SOMPOリスケアマネジメント(株)

厚生事業一覧
厚生事業一覧

共済組合の事業一覧
共済組合の事業一覧

TOP
TOP